当スクールで目指せるアロマの資格

 

フレーバーライフアロマテラピースクールは以下の2つの協会の認定校です。

 

公益社団法人日本アロマ環境協会(以下AEAJhttps://www.aromakankyo.or.jp/

日本メディカルハーブ協会(以下JAMHA) https://www.medicalherb.or.jp/

 

それぞれの協会の、以下の資格に対応した講座を開講しています。

各資格取得のための受験条件など、詳しくは協会HPまたはスクールまでお問い合わせください。

 

 

◇アロマの資格(AEAJ)

アロマテラピーアドバイザー

アロマテラピーの基本知識を正しく社会に伝えることができる能力を認定する資格です。
精油の正しい使用方法やアロマテラピーに関する法律の知識を習得し、安全なアロマテラピーの楽しみ方を一般の方にアドバイスできる専門人材です。

 

 

アロマブレンドデザイナー

精油を組み合わせてブレンドすることで、さまざまなシーンや目的に合ったオリジナルの香りを創作するこができる能力を認定する資格です。

ブレンドの知識や技術を、アロマテラピーを行う際に活用することや創作した香りを楽しみ、その魅力を伝えるのに適しています。

 

 

アロマハンドセラピスト

安全にアロマテラピーを行うための知識を持ち、第三者にアロマハンドトリートメントを提供できる能力を認定する資格です。

身の周りの方をはじめ、ボランティアや地域活動などにおいて、第三者にアロマハンドトリートメントを実践するのに適しています。

 

 

アロマテラピーインストラクター

アロマテラピー教育のスペシャリストとして、安全なアロマテラピーの実践方法を一般の方に教授できる能力を認定する資格です。

精油の専門知識に加え「健康学」や解剖生理学、メンタルヘルスなどに関する知識を習得し、アロマテラピーの健康維持への役立て方や幅広い利用法を指導できる専門人材です。

 

アロマセラピスト

プロのアロマセラピストとして、一般の方にアロマテラピートリートメントやコンサルテーションを実践できる能力を認定する資格です。

精油の専門知識に加え、解剖生理学や皮膚科学に関する知識、トリートメント技術などを習得し、ボディおよびフェイスへのアロマテラピートリートメントやコンサルテーションを提供できる専門人材です。

 

 

◇ハーブの資格(JAMHA)

 メディカルハーブコーディネーター

手に入りやすい15種類のハーブを題材に、メディカルハーブの安全性、有用性、使い方などハーブを楽しむために知っておきたい基礎知識を身につける検定です。

セルフケアのためのメディカルハーブの入り口として、ハーブティーの香りや色、ハーブのはたらきを学び、毎日の暮らしの中で活用するためのさまざまな方法が身につきます。

また、合格後に当協会の会員になると、「メディカルハーブコーディネーター」の資格が認定されます。

 

 

ハーバルセラピスト

ハーバルセラピストは、科学的、体系的な知識に基づいて30種類のメディカルハーブと12種類の精油の有用性を深く理解し、季節や体調の変化に応じた健やかでホリスティックなライフスタイルを提案できる専門家です。

メディカルハーブをご自身や家族の健康維持・増進に役立てることができ、ハーブショップ、ドラッグストアやアロマセラピーサロンなどで、メディカルハーブを活かしたホームケアとしてのライフスタイルをアドバイスすることができます。

また、協会の認定を受けた認定教室で講師を務めることができます。

 

 

シニアハーバルセラピスト

シニアハーバルセラピストは、ハーバルセラピストで学んだ30種類のメディカルハーブの成分や作用、安全性や有用性をさらに深く学びます。

ストレスや生活習慣から生じる、様々なケースに応じた「植物療法」の実践を目指す、メディカルハーブの専門家です。

また、協会の認定を受けた認定校及び認定教室でハーバルセラピストコースの講師を務めることができます。

 

 

ハーバルプラクティショナー

ハーバルプラクティショナーは、植物療法で汎用される40種類のメディカルハーブの成分や作用、さらに安全性や有用性を「植物化学」の視点から深く理解し、ハーブの化学の専門家を目指します。

また、協会の認定を受けた認定校でハーバルプラクティショナーの講師を務めることができます。